さやか行政書士事務所

03-3432-2231
受付時間:火~土曜9時~18時 定休日:日曜・月曜・祝日

ブログ 行政書士ノチカラ ―毎週木曜更新中!―

留学生の日本企業等への就職状況について

2週間ほど前に法務省のWebサイトで公表された広報資料、

「平成29年における留学生の日本企業等への就職状況について」。

 

インドネシアに焦点を当てて見てみます。

 

 

 

平成29年に留学生が日本企業等への就職を目的として行った

在留資格変更許可申請に対してなされた処分数は、

のべ27,926人。

許可数は22,419人で、

前年と比べるといずれも増加し過去最高を記録。

 

 

一方、許可率は80.3%で、前年の88.8%に比べて大きく減少。

ここ10年でみると過去最低を記録しました。

 

 

 

許可された人数を国籍別でみると、

中国、ベトナム、ネパール、韓国、台湾に次いで

インドネシアは6番目に多く253人で、全体の1.1%。

ベトナム人留学生の急激な増加に比べると、

インドネシア人留学生はまだまだ少ないですね。

 

 

就職先企業等の所在地別でみると、

東京都が最も多い9,915人で、全体の44.2%。

偏りすぎぃ~

 

 

先日、東京入管の就労審査部門で審査官から、

今年は去年の3割増しだと聞きました。

庁に昇格すれば人員が増えて解消できそうなのかと思いきや、

現場はそう単純でもないようです。

 

 

 

インドネシアの人口が約2億6,000万で

日本語学習者は世界で中国に次いで2位の多さであることからすれば、

日本に留学して卒業後は日本で働くインドネシア人が

もっと増えてもいいのになぁと思うのですがね。

 

 

冒頭の写真は、今年9月に訪問したランプン大学法学部。

ランプン大学は横浜国立大学や中央大学など

日本の大学と積極的に交流を行っています。

こうした交流がもっともっと盛んになってほしいなぁ。

お電話でのお問い合わせ
受付時間
火~土曜9時~18時
定休日
日曜・月曜・祝日
対応地域
全国対応