さやか行政書士事務所

03-3432-2231
受付時間:火~土曜9時~18時 定休日:日曜・月曜・祝日

ブログ 行政書士ノチカラ ―毎週木曜更新中!―

インドネシア人技能実習生と結婚したい

このところ、

「インドネシア人技能実習生と結婚したい」

という日本人男性からのご相談が続いています。

 

 

 

同じ職場で出会い、交際に発展。

3年間の技能実習を修了する前に結婚の約束をし、

技能実習修了後にインドネシア人女性が帰国。

 

その後、日本人男性がインドネシアへ渡航し、

彼女の家族に挨拶&結婚の儀式を行った上で、

改めて結婚ビザで日本に呼び寄せるというケースです。

 

 

 

基本的には、技能実習を修了し一旦帰国してから

改めて結婚ビザを申請するのが、一番確実です。

 

インドネシア人女性にとっても

「彼もインドネシアに来て家族に会ってほしい。」

「インドネシアで結婚式をしたい。」

という意向が強くあるようで、

一旦帰国することを望まれる方が多いですね。

 

 

 

結婚ビザ取得のためのヒアリングにおいて

お二人の出会いから結婚に至るまでのストーリーを伺っていると、

私の中の名言リストに追加したくなるような言葉を

耳にすることがよくあります。

 

 

「イスラム教を理解するということは

彼女を理解するということでもあるので、

改宗することに特に抵抗はありませんでした。」

 

「国籍の違いは、ただの個性の違いにすぎないですから。」

 

「『彼女が困ったときにいつでも相談できるようにした方がいい』

と両親が言ってくれたので、実家の近くに部屋を借りる予定です。」

 

 

世間には色々言う方がいらっしゃるのかもしれませんが、

こういうふうにお互いを尊重して受け容れる心を持った方々が

いらっしゃるということが、なんだかとても嬉しい。

 

 

 

新たな在留資格ができて

さらに日本で働く外国人が増えれば、

こうしたケースも増えてくるのでしょう。

 

日本でも国際結婚が珍しくも難しくもなくなって、

「みんなちがって、みんないい」が

当たり前になればいいのになぁと思いますがね……

お電話でのお問い合わせ
受付時間
火~土曜9時~18時
定休日
日曜・月曜・祝日
対応地域
全国対応