さやか行政書士事務所

03-3432-2231
受付時間:火~土曜9時~18時 定休日:日曜・月曜・祝日

ブログ 行政書士ノチカラ ―毎月随時更新中!―

【特定技能1号/農業】認定証明書が交付されました

今年10月に申請した特定技能1号の認定申請。
11月半ばに無事に認定証明書が交付されました。


審査中に追加資料を求められて対応したわりには
1か月半かからずに結果が出たので
思ったより早かった印象です。


今回は農業分野のうち畜産農業全般での受入れで、
認められた在留期間は1年です。
最大5年まで毎年更新していくことになります。



特定技能は全14分野に共通する条件に加えて、
分野ごとに条件が定められている場合があります。


農業分野の場合は

①過去5年以内に労働者を6か月以上雇用した経験があること

②特定技能外国人を受入れ後4か月以内に
 「農業特定技能協議会」に入会し協議会に必要な協力を行うこと

という2つの条件を、受入機関が満たす必要があります。


入管に申請する際に
この2つの条件を満たしていることを誓約した
「誓約書」を提出します。




「農業特定技能協議会」は
特定技能外国人を適正かつ円滑に受け入れるべく、
協議会の構成員間での情報共有や
連携の緊密化を図ることを目的として設置されました。

農業特定技能協議会に入会した受入機関は、
協議会が依頼する各種アンケートや現地調査、
情報提供に協力することが求められます。


協議会への入会方法は
農林水産省のホームページの申請フォームから
必要事項を入力して登録するだけ。
内容に問題なければ後日、加入通知書が送付され
手続完了です。
加入者の氏名は農林水産省のサイト上で公表されます。


農業特定技能協議会への入会にあたって
費用は徴収されません。



法務省の統計によれば、2019年9月末時点で、
特定技能1号の在留資格で日本に在留している
外国人総数は219人。


そのうち農業分野は31人で、国籍別の内訳は
ベトナム16人、インドネシア6人、中国4人、
カンボジア4人、フィリピン1人。


政府は今後5年間で
農業分野において最大36,500人の受入れを見込んでいますが、
受入れ数が増えるまでにはまだまだ課題は多いですねぇ。

お電話でのお問い合わせ
受付時間
火~土曜9時~18時
定休日
日曜・月曜・祝日
対応地域
全国対応