さやか行政書士事務所

03-3432-2231
受付時間:火~土曜9時~18時 定休日:日曜・月曜・祝日

ブログ 行政書士ノチカラ ―毎週木曜更新中!―

2019年03月28日

2019年7月25日からビザの更新申請がオンラインでできるようになりますが…

オンライン申請できるビザの範囲[2019/03/28時点]

2019年7月25日からビザの更新申請をオンラインで手続できるようになります。

入国管理局ホームページ「在留申請手続のオンライン化がスタート!」
http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/zairyukanri/onlineshinsei.html

ついにーーー!!!と喜んだのもつかの間、
利用案内とQ&Aをよく読むと、
オンライン申請が利用できるビザの範囲がまだまだ限定的です。。。

就労系ビザ(在留資格)のうち
〇高度専門職1号イ、ロ、ハ
〇経営・管理
〇研究
〇技術・人文知識・国際業務
〇企業内転勤
〇技能
の外国人の方々は、勤務先の会社が
カテゴリー1又は2に該当することが条件です。

カテゴリー1は上場企業、
カテゴリー2は前年分の法定調書合計表の源泉徴収税額が1,500万円以上の中堅企業。

これ以外の企業(カテゴリー3又は4)はオンライン申請の対象外で、
今までどおり入管に行って窓口で申請することになります。


弊所のクライアントの多くはカテゴリー3なので、
正直、がっかりしています。

今後、対象となる範囲の拡大は検討されるようですが、
とりあえず当面は
多くの就労系ビザをお持ちの外国人の方々も私も
これまでどおり入管の窓口に行って申請するしかないですね。

また、呼び寄せのための認定申請、他のビザからの変更申請、
配偶者ビザなどの身分系ビザの申請(更新申請も含む)などは
オンライン申請の対象外ですのでご注意ください。

事前に利用申出を行うことが必要

「在留申請オンラインシステム」を利用するためには、
対象となる外国人が所属する勤務先の職員の方が
勤務先の会社の所在地を管轄する入国管理局へ行き、
事前に利用申出を行い承認を受ける必要があります。

利用者の本人確認を入管の職員が対面で行うためです。

外国人の方本人が自分でオンライン申請をすることはできず、
所属している勤務先を通じて申請するしくみになっています。

利用申出の受付は明日2019年3月29日から始まります。

オンラインシステムは24時間365日利用でき
在留カードの受取りも窓口か郵送を選択できる点はメリットですが、

利用申出の有効期間は1年間で、
更新するためには都度、入管へ定期報告を行う必要があります。

また、オンライン申請をした場合でも、
入管で審査して結果が出るまでの期間は
窓口で申請した場合と同様、
通常2週間~1か月程度かかります。

細かいルールがありますので、
オンライン申請を利用される方は以下のサイトをよ~くご確認ください。
http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/zairyukanri/onlineshinsei.html

お電話でのお問い合わせ
受付時間
火~土曜9時~18時
定休日
日曜・月曜・祝日
対応地域
全国対応