さやか行政書士事務所

03-3432-2231
受付時間:火~土曜9時~18時 定休日:日曜・月曜・祝日

ブログ 行政書士ノチカラ ―毎週木曜更新中!―

【特定技能】分野別運用方針&運用要領のポイント

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

このお正月休みの間、改正入管法における新たな在留資格「特定技能」の分野別運用方針と運用要領を読み込み、自分なりに14分野ごとに要点を整理することができました。

今回はみなさまが関心がありそうな分野に絞って、ポイントをお伝えしたいと思います。
なお、以下の表は運用方針と運用要領を元に私が独自にまとめたもので、個人的に気になる点を赤字で示してあります。

14分野すべてに共通する事項

技能試験は分野ごとの試験になりますが、受験資格の除外事由は共通して4つ挙げられています。

介護

全分野に共通の日本語試験に加え、介護独自の日本語評価試験の合格が条件となっています。
また、専門学校等で介護福祉士養成課程を修了した留学生は、技能実習修了者と同様、試験が免除されています。

事業所ごとの受入れ人数の制限がある点も要注意です。

自動車整備

今まで実際にご相談を受けたことがあるのですが、例えば、これまで「家族滞在」の在留資格で週28時間以内しか自動車整備の仕事ができなかった外国人の方が、現行の自動車整備士技能検定試験3級と日本語能力試験N4以上に合格すれば、「特定技能」でフルタイムで自動車整備の仕事ができるようになる、ということも考えられます。

宿泊

宿泊分野においては技能実習の対象職種ではなかったこともあり、技能試験は早くも今年4月開始を目指しています。
業務内容に接客やレストランサービスだけでなく、フロントや企画・広報まで含まれており、かなり需要がありそうです。

外食業

技能試験において、受験者が飲食物調理か接客かで傾斜配点を選択できるという点は、他の分野にない特徴です。

参考にしていただければ幸いです。

お電話でのお問い合わせ
受付時間
火~土曜9時~18時
定休日
日曜・月曜・祝日
対応地域
全国対応