さやか行政書士事務所

03-3432-2231
受付時間:火~土曜9時~18時 定休日:日曜・月曜・祝日

ブログ 行政書士ノチカラ ―毎月随時更新中!―

在留カードを確認するタイミング

先日、東京入国管理局に行った際に

ラックスタンドでたまたま見つけたパンフレット。

 

東京労働局職業安定部ハローワークが発行している

事業主向けの『外国人の雇用に関するQ&A』。

 

 

在留資格に関することから

雇用管理、社会保険、税金等、

外国人を雇用するにあたって必要な手続や知識が

Q&A形式で写真や図、様式を用いながら

58ページにわたってまとめられています。

 

 

これから初めて外国人を採用する事業主の方はもちろん、

すでに外国人を雇用している事業主の方にも

おすすめの一冊です。

 

 

 

50個あるQ&Aの中で

私も改めて気づかされたことがいくつかありました。

 

 

その一つが、外国人を採用するにあたって

在留カードを確認するタイミング。

 

 

採用選考・面接する時?

採用が決定した後?

 

 

 

答えは、採用が決定した後。

 

 

なぜなら

「国籍で差別しない公正な採用選考を行う必要から、

採用決定前に在留カード等の書類の提示を求めることは、

結果としてその応募機会を不当に閉じることになるおそれがあり、

適切では」ないから。

(Q4のAより抜粋。)

 

 

面接の段階では、

口頭で在留資格などの確認を行うべきとされています。

 

 

 

つい最近も

「外国人、単純労働にも門戸 政府案『25年に50万人超』」

という日本経済新聞の記事が出ていました。

 

これからますます増える外国人の雇用。

各事業所での適正な対応が求められてきます。

お電話でのお問い合わせ
受付時間
火~土曜9時~18時
定休日
日曜・月曜・祝日
対応地域
全国対応