さやか行政書士事務所

03-3432-2231
受付時間:火~土曜9時~18時 定休日:日曜・月曜・祝日

ブログ 行政書士ノチカラ ―毎月随時更新中!―

インドネシア人の婚約者を日本に呼ぶためのビザ

家族に紹介したり
日本で結婚手続をしたりするために
インドネシア人の婚約者を日本に呼びたい!

そんなときは「短期滞在」という在留資格(ビザ)を取得する必要があります。
いわゆる観光ビザです。



このビザの申請先は、日本にある入国管理局ではありません。
ジャカルタ管轄の方は日本ビザ申請センター、
それ以外の方はインドネシアにある日本総領事館になります。


短期滞在ビザ申請手続の流れ

1.日本側で必要書類を準備しインドネシアへ郵送

①婚約者を日本の呼ぶ目的や経緯を説明した、招へい理由書

②滞在予定表

③身元保証書

④所得証明書や直近3か月分の預金通帳のコピーなど、身元保証人の所得を証明する資料

⑤住民票

⑥婚約者とのツーショット写真

等の必要書類を準備し、国際郵便EMSなどでインドネシアにいる婚約者のもとへ郵送します。


2.インドネシア側で必要書類の準備

①有効期限内のパスポート

②査証申請書

③証明写真(4.5cm×4.5cm)1枚

④KTP(住民登録カード)のコピー

⑤日本への航空便のEチケットなどの予約確認書

等の必要書類を準備します。


3.日本ビザ申請センターまたは日本総領事館で申請

日本から届いた書類とインドネシア側で用意した書類を合わせて、
インドネシア人の方の居住地を管轄する
日本ビザ申請センター(ジャカルタ)または
日本総領事館(メダン/マカッサル/スラバヤ/デンパサール)へ提出し
査証の申請をします。


申請内容に問題がなければ
受理後4~5開館日で査証が発給されます。


私が行政書士としてできること

◎日本側で用意する必要書類の作成

リストにないけれどお二人の状況を考慮すると
 提出した方がいい資料のアドバイス

現地で申請するにあたってのアドバイスとフォロー

などです。

たまに、二人の関係を
「婚約者」ではなくあえて「友人」として申請する方がいらっしゃいますが、
要注意です。

客観的に見て

「渡航費用や90日分の滞在費用をすべて負担してあげるまでの
 異性同士の友人関係ってどういうこと?
 男女関係にあるんじゃないの?
 男女関係にあることを隠す事情が何かあるの?」

という疑念を持たれかねません。
後々配偶者ビザの申請をする際に
事実との整合性が合わなくなる可能性もあります。

ごまかそうとせず、嘘偽りなく申請することが一番大切です。

お電話でのお問い合わせ
受付時間
火~土曜9時~18時
定休日
日曜・月曜・祝日
対応地域
全国対応