さやか行政書士事務所

03-3432-2231
受付時間:火~土曜9時~18時 定休日:日曜・月曜・祝日

ブログ 行政書士ノチカラ ―毎月随時更新中!―

2017年12月11日

入管での審査期間が公表されています

入管に申請してから結果が出るまで

どのくらい時間がかかるのか?

 

申請する方にとってはやはり気になるところですよね。

 

 

 

申請してから許可・不許可の結果が出るまでに

通常かかる標準的な期間(標準処理期間)は、

これまでも法務省のWebサイト上で

「2週間~1か月」、「1か月~3か月」などと

ざっくり示されていましたが、

 

今年度2017年4月許可分から、

入国管理局での在留審査にかかる処理期間の平均日数が

法務省のWebサイトで公表されるようになりました。

 

在留審査処理期間(日数)の公表について

 

・在留資格認定証明書交付申請

・在留期間更新許可申請

・在留資格変更許可申請

の3種類の申請について、

入管で申請を受理してから

許可(不許可は除く)の告知がなされるまでの期間の

全国の平均日数が、3か月ごとに公表されています。

 

今年7月~9月分のデータを見てみると、

在留期間の更新は、

どの在留資格も概ね30日前後で処理されていますが、

認定証明書の交付と在留資格の変更は、

在留資格によって大きな差がありますね。

 

例えば、認定証明書の交付申請では、

・「技術・人文知識・国際業務」…29.9日

・「経営・管理」…88.8日

・「日本人の配偶者等」…58.5日

とされています。

 

経営者のビザである「経営・管理」や

コックなどのビザである「技能」は、

他の就労系の在留資格に比べ、

かなり慎重に審査されていることがわかります。

 

 

また、「日本人の配偶者等」をはじめとする

身分系の在留資格についても、

2か月前後の時間がかかっていますね。

 

あくまで平均値ではありますが、

目安として参考にしていただければと思います。

お電話でのお問い合わせ
受付時間
火~土曜9時~18時
定休日
日曜・月曜・祝日
対応地域
全国対応