さやか行政書士事務所

03-3432-2231
受付時間:火~土曜9時~18時 定休日:日曜・月曜・祝日

ブログ 行政書士ノチカラ ―毎月随時更新中!―

就労ビザの外国人が転職したときの手続1

「技術・人文知識・国際業務」の就労ビザを

持っている外国人が

日本で会社Aから会社Bに転職したときに、

必要な手続が2つあります。

 

今日はその1つについてお話します。

 

 

 

契約機関に関する届出

 

「技術・人文知識・国際業務」のビザを有する外国人は、

会社Aを辞めてから14日以内

①会社Aとの雇用契約が終了したことの届出を、

 

会社Bに入社したら14日以内

②会社Bと新たな雇用契約を締結したことの届出

行う必要があります。

 

 

A4サイズの届出用紙1枚に、

氏名や生年月日などの個人情報の他、

転職前・転職後の会社の名前、所在地、

転職先で行う業務の内容などを記載して

提出します。

 

 

窓口に持参してもOK!

在留カードのコピーと一緒に郵送してもOK!

インターネットで

入国管理局電子届出システムを利用してもOK!

 

 

法務省のWebサイトには、

日本語、英語、中国語など9か国語で

記載方法を説明したファイルが用意されています。

インドネシア語もあります。

 

 

この届出は入管に対して、

勤務先が会社Aから会社Bに変更したことを報告するためのもので、

特に許可不許可の処分を受けるものではありません。

 

 

会社Aを辞めてすぐに会社Bへの転職が決まれば、

①と②を合わせて1枚の届出用紙で

行うこともできます。

 

 

これは入管法上の義務です。

違反した場合には、

20万円以下の罰金に処される可能性があります。

 

この届出義務を知らない外国人の方が多いので、

就労ビザを有する外国人を中途採用した会社側でも

しっかり把握しておくことが大切です。

お電話でのお問い合わせ
受付時間
火~土曜9時~18時
定休日
日曜・月曜・祝日
対応地域
全国対応